いよいよ新生活スタート!

今回は誰もが気になる
お金のついてのお話です。

そうです!
貯金のことです。

今までは自分だけのお金だったけど
2人での生活となれば
2人でのお金。

家庭のお金を貯蓄しなくては
なりません。

まぁ、しなくてもいいんですが・・・
かなりのリスクを伴います。

今回は主婦の私が
貯金の出来る金銭管理の方法
お教えします!

金銭管理!妻と夫どっちがするべき?

結婚すると今までは自分で働いたお金は
自分だけのものだったのが
そういう訳にもいきません。

新たに家族のお金が必要になります。

では、家族のお金をどのように
管理するのかということですが、
50%近くの夫婦が妻が
金銭管理をしています。

共働き世帯が増えたことにより、
2人で生活費を決め、出し合い
2人で管理をして生活しているという人も
増えてきました。

夫が金銭管理を全て担っている
という人はわずか20%程度。

家庭のやりくりをする妻が金銭管理をするのが
ベターだとされています。

貯金が出来る金銭管理の方法は?

金銭管理をなぜするのか。

恐らく多くの人が
しっかりと貯金をしたいから!
答えるのではないでしょうか?

私は5年間家庭の金銭管理をしていて
貯金が出来る方法と出来ない方法があるな
と感じました。

実際、よく【貯金の出来る方法】なんてのを
インターネットなんかで検索しますが、
その際に目にするもの私が思っていた方法と
同じものです。

ではその方法とはいったいどんな方法なのか。

それは貯金は最後ではなく最初にするというものです。

むしろ、貯金額はないものとして
生活をするのが貯金の出来る方法です。

ちなみに我が家では職場の財形貯金と
保険を使って貯金しています。

給料は貯金分先に引かれちゃうのでないのと同じ。

生活していて思うのが
お金がないのであればないなりに考えて
節約して生活します。

節約してもしなくても
どっちでもいいではなく
節約しなくちゃいけない状態
すれば自然と節約が出来
そして貯金も貯まります♪

通帳は分けた方がいいの?

よくインターネットなんかでも
貯金に関して質問されているのが
貯金の通帳と普段使う通帳を
分けた方が良いのかということです。

これは100%分けた方がいいです。

理由としては
結局いくら貯金でいくら使ったのかが
分からなくなってしまうからです。

また、貯金をしている通帳に
どんどんとお金が貯まっていくと
次第に楽しみや喜びが生まれ
貯金に対する意欲が増していきます!

〇〇万円あったら何ができるかな?なんて
考えると初めは辛かった貯金も
どんどん楽しくなります。

貯金を楽しむことが出来るようになると
自然とお金が貯まるようになりますよ♪

今の時代専業主婦だと貯金は出来ない?

貯金をしたいけど、私働いていないから
なかなかお金が貯まらない・・・

なんて思っている人
いらっしゃると思います。

実際私もそんなこと
思っていた時期があります。

私も今は少しこおやって
パソコンを使って収入を得ていますが
バリバリの専業主婦でした。

専業主婦だと夫の収入だけ。となると
貯金は出来ないのか。

答えはNO!

もちろん旦那様の収入にも寄りますが、
何かしら貯金をする方法はあります。

貯金できない!と決めつけているのが
一番貯金ができない理由です。

少しづつ貯金をしようとすれば
必ずできます。

少し言い方は悪いかもしれませんが
あなたは収入に見合った生活をしていますか?

生活を見直し
生活の質を少し落とすことによって
お金に隙間が生まれます。

そのお金で貯金が出来れば
今までできなかった家族旅行も
叶うかもしれません(^^♪

最後に・・・

いかがでしたでしょうか?

今回は貯金が貯まる金銭管理の方法について
お話させて頂きました。

これは専門家が~という訳ではなく
主婦である私が今までの生活を振り返って
感じた結果をまとめたものです。

実は独身時代全く貯金がなかったのですが、
結婚して試行錯誤
貯金が出来る方法を探し
無事貯金が出来るようになりました(^^♪

結果、私の夢であった
大手ハウスメーカーでマイホームを
購入することが出来ました♡

諦めちゃだめですよ。

出来ないじゃなくてするんだ!の意識です。

半年頑張れば
自然と出来るようになります。

貯金が貯まれば叶う夢があります。
素敵な生活が待っていますよ~

あなただけの映画を作るなら、K2filmで。

K2 filmでは専属プランナー制度を採用し、あなたの理想のオープニング・プロフィール・エンドロールムービーをオーダーメイドすることが可能です。

理想の映像のカラーから・テイスト・BGMまで何でもご相談いただけます。もう一人の結婚式のサポート役として、成功のお手伝いをさせて下さい。

充実したサポートがついて、編集は2万円台、ロケ撮影は5万円台を実現しています。

公式サイトはこちら→K2 film