結婚式の余興というのは式を盛り上げる演出としてとても重要ですね。

自分たちのことを一番よく知ってくれている親しい友人や知人にお願いするのが安心ですよね。
忙しい中、結婚式に来てくれるだけでもありがたいのに、色々と負担のかかる余興を気持ちよく引き受けてくれた友人や知人に忘れてはならないのが、余興を引き受けてくれたお礼です。

いくらお礼など要らない、気を使わないように言われたとしても、ここは感謝の気持ちをこめて必ずお礼をするのが大人としてのマナーです。

でもお礼と言っても金額的にはいくらくらいなのか‥お金でなければならないのかなど具体的にはわからないもの。

ここでは結婚式の余興のお礼についてお話しましょう。

ズバリ、結婚式の余興のお礼の相場っていくらなの?


ちゃんとお礼をしたいけど具体的な金額ってどのくらいが良いのか。
それが一番気になりますよね。
相手に気を使わせない程度の金額が理想的。

金額とすると3000~5000円がベストと言えます。

現金をポチ袋などに入れて渡すのも良いですが、ごく親しい間柄の場合が多いので現金だとなんだかちょっと・・という場合には商品券や記念品、ちょっとした普段使いのものなどをプレゼントするのも良いでしょう。

また、余興をお願いしたのが自分よりも目上の方や上司といった場合は友人と同じ金額ではなく、もう少し高めの5000円程度が良いかもしれません。
目上の方や上司の方は何度も結婚式を経験され、それなりの相場というのも知っている方が多いので失礼にならないよう、きちんとお礼をしたほうが安心です。

余興が大人数の場合はどうしたらよいの?


余興が数人ではなく大人数の場合は1000円程度と考えるのがベスト。
代表者の方に人数分のお礼をまとめて渡して飲み会の足しにと言って渡すとよいでしょう。

また、クオカードやちょっとした品物、新婚旅行のお土産を後で渡すといった方法もあります。
気持ちなので金額の多さや、品物の大きさなどより、包装を可愛くしたり、お礼のお手紙を添えると喜ばれます。

余興のお礼はお金以外だとするとどんなものがよい?

お礼と言って現金を渡す場合よりも、品物などお金以外で渡したほうが渡しやすい場合もあります。
現金のだと人によっては受け取ってもらえない場合があるからです。

無難に食べ物

ある程度日持ちがするお菓子などの食べ物であれば無難で安心です。もらって困るものではなく、相手の好きな物、予算に応じて選ぶことが出来ます。

カタログギフトやギフトカード・商品券

品物に困ったらもらった本人が選べるカタログギフトやギフトカード、商品券などがおすすめです。
もらう方ももらいやすく、気軽に受け取れるというメリットもあります。

新婚旅行のお土産

式の後にすぐに新婚旅行に行く場合には、新婚旅行のお土産を買い、渡すのも良いでしょう。
式の時のお礼や話も出来ますし、新居に招くこともできます。

お礼を渡すタイミングはいつ?

では結婚式の余興のお礼はいつ渡せばよいのでしょうか?
余興をしてもらう方に渡すのは、余興前よりも余興が終わった披露宴後が良いでしょう。

最初にお礼をもらってしまうと余興を頼まれた方は、プレッシャーがかかってしまう場合があるからです。
目上の方や上司の場合はご両親から渡してもらっても良いですし、お見送りの時にそっと渡すと良いでしょう。

親しい友人の場合も余興が終わった後または日を改めて落ち着いたときに、新郎新婦二人から直接渡すのがベストです。
場所を決めて食事を兼ねてでも良いですし、新居に招いてその時にお礼をし、結婚式の写真や映像などを見ながら、食事をしながらなど楽しいひと時を過ごすこともできます。

まとめ

自分たちのために余興を行ってもらえた感謝をこめて、お礼を渡すことは、今後の関係をよりよく、円滑にするためにも、マナーとしてもとても大切な事です。
ある程度の相場を心得て、相手に合わせたものを夫婦二人で考え、気持ちを伝えましょう。

あなただけの映画を作るなら、K2filmで。

K2 filmでは専属プランナー制度を採用し、あなたの理想のオープニング・プロフィール・エンドロールムービーをオーダーメイドすることが可能です。

理想の映像のカラーから・テイスト・BGMまで何でもご相談いただけます。もう一人の結婚式のサポート役として、成功のお手伝いをさせて下さい。

充実したサポートがついて、編集は2万円台、ロケ撮影は5万円台を実現しています。

公式サイトはこちら→K2 film

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*